室生幹太(むろうかんた)のブログ

ネタ、日記、雑記、小説、イラスト、起業などのことを書いていくブログ

手帳買いました。


f:id:kantay:20170512184034j:image
 

こんにちは。室生幹太です。

最近、手帳を買いました。

縦が15㎝くらい、横が11㎝くらいの手帳です。

 

手帳を買った理由

まず、手帳には時間管理がしやすくなることと予定が管理しやすくなることが理由の一つです。

二つ目の理由は、最近、林修先生の著書の『いつやるか?今でしょ!』を読んだこともきっかけになりました。(僕は林修先生のファンです。)


f:id:kantay:20170512202105j:image

その著書に手帳のことについて書かれていました。

林先生は未来の自分を想像することから逆算して、今日という日を生きることが大切だと言っています。

そのためには5年単位で手帳を使い、過去を記録し続けることによって『自分の5年』の重みを感じることができます。

そして、過去を活用し、未来を把握することが出きるようになります。

5年単位なのは、一年という時間は、基準にするには案外ブレが大きいためでもあり、一年間で収まらないことも数多くあるからです。

これが手帳を使う一つ目のメリットです。

林先生の著書にはこんな感じで述べられていました。すごく参考になりました。

もう一つのメリットは僕が手帳を買う理由の一つでもあり、一般的な使い方でもあり、林先生も著書にも手帳を使うメリットとして書かれている時間管理がしやすいことです。

 

手帳の使い方

まず、一年の初めに、手帳のどこかに、必ずその年の目標となることを書き溜めておきます。

そこには、最低限やらねばならいこと、できればやりたいこと、興味を抱いていることなど、すべて書いておきます。

僕の場合はブログのこと、イラストの練習のこと、小説のこと、読書のこと、起業のことなどを書きました。

そうやって一年の目標を網羅して、年度中に達成できたものには○をつけていきます。

そして、その達成度を確認します。

林先生の著書には、こんな感じで手帳の使い方が書かれています。

僕は今年から実践します。

 

まとめ

林先生の著書は読みやすく、面白くて、とても参考になりました。

手帳のことについても、とても参考になりました。

皆様も読んでみてください。

僕は林修先生のファンなので、著書は全部読みたいです。

そして読んだら紹介したいと思っています。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!