室生幹太(むろうかんた)のブログ

ネタ、日記、雑記、小説、イラスト、起業などのことを書いていくブログ

人生で何か大きなことを成し遂げたいという気持ち

皆さんこんにちは。室生幹太です。

皆さんは「人生で何か大きなことを成し遂げたい」という気持ちはありますか?

僕は昔からその気持ちを持っていることに気づきました。今回はその欲求?について書きます。

 

 

「人生で何か大きなことを成し遂げたい」という気持ちとは?

私的なこの気持ちの定義は「歴史に名を残したい」「有名になりたい」「大成功をしたい」などの欲求です。

僕はどうやらこの気持ちが昔から強くあることに気づきました。

小学校高学年から中学にかけては特にその欲求が強かったと思います。

僕は昔から目立つようなタイプではありませんでした。だけど、心の奥底では実は意外と目立つことが好きだったような・・・。ただ、自分から目立ちにいくのは好きではありません。様々な偶然が一致して、たまたま自分が目立つような状況が結構好きだったような記憶があります。現在は、目立つことは好きではないのですけど・・・。

このような性格だからなのか、表面的には普通を装っていたような・・・気がします。だけど、心の奥底では、野心や功名心などがあり、大人になったら歴史に名を残したい!と漠然と思っていました。ただ、そこに能力が伴っていればいいのですけど・・・。僕の場合は能力が伴っていない。

 

現在は、功名心があるかないかと言えば、あるにはありますが、昔ほど強くはありません。ただ、それとは別に自分は「やらなければならないことがある」と思っています。

 

 

起業などをしたい理由は功名心から徐々に変化していきました

 僕が起業をしたい理由も元々は功名心だったのかもしれません。もちろん、それ以外の理由もありますが。(起業に興味を持つきっかけとなったのは自己啓発本なのです)。

だけど、色々なことを考えていくうちに、「自分がやりたいことをコンテンツにしたい」「ビジネスに新たな風を吹かせたい」など功名心以外の感情がたくさん出てくるようになりました。もちろん、功名心はなくなったとは言えません。まだまだ、自分の心の中に強く残っています。

それでも、自分が起業などをすることで、結果的に自分以外の他人に何か良い事があったら、それはとても良い事だと思います。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

通信制高校生の就活

皆さんこんにちは。室生幹太です。さて、今回は就活の話です。

僕の場合ですが、早くから就活を始めたいのでそろそろ就活が迫ってきております。

就活は何度かチャンスはありますが、僕は早めに就活をして、内定を決めて、後から焦らないようにしたいのです。

 

進路を決める際、就職を選んだ理由

これは中学時代からの話になります。当時、僕は中学三年生の受験生であり、どこの高校に進学するか迷っていました。色々と悩みましたが、全日制の職業高校に進学することを決めました。しかし、高校に通い始めて、約一年ほどのことです。僕は色々な事情があり、辛くなって全日制高校を自主退学しました。実のところ、これは僕が予想していたことでした。自分が悪いんですが、僕は中学が何度も嫌になったんですよね。故に全日制高校に進学しても途中で嫌になってやめるのではないか?と薄々ながら予想していました。

しかし、当時は親の進めもあり、自分も「どうにかなるだろう」と勢いだけで全日制高校に進学しました。そして、案の定というべきなのか、結局は全日制高校を退学し、通信制高校に転入しました。

僕はこの経験から大学や専門学校などに進学しても、「また嫌になって途中で退学するのではないか?」と予想しているのです。

 

これだけが理由ではありません。

まずは学力の問題。専門学校に進学する際に学力が必要になるかはわかりませんが、大学には学力が必要になります。僕には学力が全然ないんです。もちろん、学力があまり必要ない大学もあると思いますが、その場合はたいてい私立の大学。経済的に厳しいです。専門学校や短期大学になら進学できると思うのですが、よくよく考えてみても途中で嫌になりそうですし、僕は大学や専門学校に行って学びたいことがあまりありません。(憧れはあるのですが)強いて言うならイラスト系の専門学校には進学してみたいです。(独学でイラストの練習をしてもモチベーションが上がらず、いつまでも上手くならないからです。また、才能もないから進学した方が独学で練習するよりも僕には合っているのではないかな?と思っています)

通信制の学校に進学するにも僕は仕事をしながら通いたいので、そうなると、また途中で投げ出す可能性が高いです。

勉強したいこと、練習したいことは、出来るだけ独学でやろうと思っています。

 

これらの理由から僕は就職を選択しました。

 

 

どこに就職すればいいのか迷っています。

製造業、サービス業など、どれにしようか迷っていいますが、僕はコミュニケーションが苦手なため、こつこつと作業をするような業務内容の製造業の会社で働きたいと思っています。ただ、具体的な就職先はまだまだ決まっていません。

 

 

社会人になったら

社会人になるというのは、僕にとって、楽しみでもあり、不安でもあります。ただ、楽しみの要素のほうが少しだけ大きいかもしれません。「お金を稼ぐ」ということがどうのようなものか体感してみたいです。そして、ゆくゆくは起業家になりたいのです。

 

社会人になる楽しみの一つに「貯金」があります。自己投資するためにも、起業の資金を貯めるためにもです。起業するには、まずお金が必要ですから、そのお金を貯める過程を体感したいです。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

近況について

皆さん、こんにちは。室生幹太です。

ブログ更新が滞っていましたね。

ここ一ヶ月まったく更新できませんでした。

どうにも上手くいかないんですよね。。。

一応、新ブログの構想は練っています。

ただ、その前に雑記ブログの方を頑張らなければいけません。

社会人になるまで、後、7ヶ月くらい。

それまで頑張りたいんですが。。。

頑張れないんですよね。。

昔から計画を立てても続かない性格でした。

とにかく行動をしないと、と思っています。

 

イラストも結局は練習しませんでした。

何日かやってみたものの、途中で投げ出してしまいました。

実は前にもイラスト練習を初めても三日くらいで投げ出してしまったことがありました。

なかなか難しいです。

どうにも続かないんですよね。。。

 

読書に関しては約一ヶ月で読んだ本は三冊くらいです。あまり読めませんでした。

 

このままの現実で終わりたくありません。

理想に近づきたいです。

 

 

自分の人生に絶望的になる話

こんにちは。室生幹太です。

なんか時々、ある感覚に襲われることがあるんですよね。

それは、自分の人生に絶望しそうになる感覚です。

 

 

まず、僕は能力がありません。

でも、何だかんだ大丈夫じゃないのか?と心の中では思っているのです。

なので自分の人生に絶望することは普段はないのですが、時々、その感覚に襲われるようになります。

 

一生このまま適当に生きていくんだろうなとか、もう自分はダメだろうなと、思ってしまうのです。

特に寝る前にこの感覚に襲われることがあります。

 

なんというか、もう全てどうでもいいや状態と似ているかもしれません。

 

 

普段は能力がないのに根拠もなく、『何とかなる』と思っているのですけどね。。。

 

 

これから筋トレしたいんですよね。

 

筋トレして汗を流したい。

 

最近、僕はこんなことを思っています。

 

 

 

 

 

 

 

新ブログについて

こんにちは。前の記事で夏休みに新ブログを作りたいということを書きました。

今回の記事はその新ブログについて詳しく書きたいと思います。

 

新ブログの主なテーマ

新ブログは特化ブログにしたいと思っています。

利用するブログはこの雑記ブログと同じはてなブログです。

テーマは主にメンズファッション、美容、筋トレについて書こうと思っています。

 

新ブログを作ろうと思った理由

それは自分の容姿や内面にコンプレックスを持っているからです。

コンプレックスがあるからこそ、その事について色々なことを考えてきました。

僕は新ブログにその自分の考えやメンズファッション、美容、筋トレについて書いていきたいと思っているのです。

最初はこのブログに書こうと思っていたのですが、テーマが絞られているなかで書きたいことがたくさんあるので、新しいブログで特化ブログを作成しようと思いました。

夏休み中に新ブログが出来るかもしれないので、よろしくお願いします。

 

 

 

Twitterhttps://mobile.twitter.com/muroukanta

 

 

 

夏休みの計画

こんにちは。室生幹太です。

何だかやる気が出ず、ここ1ヶ月ほどブログの更新が滞っていました。

スマホやパソコンばかり弄って、気が向いたときにレポートをこなしたり、読書をしたり、というダラダラした生活が続いていました。

今は自分の決めた期間内にレポートを終わらせることが主な目標(早くレポートを片付けたいこと)になっているので、頑張れば結果的には自分の決めた期間内にレポートを終わらせることが出来るかもしれません。

とにかく早く、自分の決めた期間内にレポートを終わらせたいです。

そして、自分の将来の目標に近づくためにも生活を切り替えないといけません。

そこで、僕は夏休みの計画を立てました。

 

夏休みの計画

夏休みの計画とは言っても、通信制高校の夏休みには特別感はなく、僕の場合、一年中、夏休みのような感じなのですけどね。(笑)

それでも、形としては、『夏休み』ということになりますし、まとまっている期間なので、やる気が出ます。

とはいっても、僕は過去に夏休みの計画を立てても結局できなかったりすることが多かったですね。(笑)

しかし、ここから、気を引き締めて、自分の将来の目標に近づくためにも、この夏休みを利用して、さらには夏休みの生活のような生活がその後も続けることが出来るような継続力を身に付け、自分の将来の目標に近づくための一歩を踏み出したいと思っています。

 

夏休みにやりたいこと

夏休みまでには何とかレポートを終わらせて、夏休みには自分の将来の目標に近づくための具体的な学習、練習をしていきたいと思っています。主にやることは、下記の四つになります。

・読書

・イラストの練習

・起業、小説、イラストに関しての特製ファイル作成

・ブログ改良、新ブログ作成

 

読書に関しては今年の年間読書冊数の目標が150冊なので、どんどん読んでいきたいと思っています。

ちなみに現時点で読んだ冊数は3冊くらいです。中々思うように進んでいません。

 

イラストの練習に関してですが、やっぱりイラストが上手くなるには、すごく時間がかかります。早いうちにコツコツと練習していかないと、後々になって大変だと思いますし、僕は絵の才能がないので、根気の良い努力が必要になってくるので、出来るだけ早くから練習し初めたいと思っていました。夏休みはイラストの練習を始めるには、とても良いタイミングだと思っています。

実は以前にイラストの練習を意気込んでしてみたことがあるのですが、どうすれば良いのかわからないし、まったく絵が上手くないので、すぐに投げ出してしまいました。

夏休みは、そうならないようにしたいと思います。

 

起業、小説、イラストに関しての特製ファイル作成についてですが、これは前々から作りたいと思っていました。

特製ファイルとは、起業、小説、イラストに関する資料や情報、自分の気になったこと、好きなことなどを印刷したプリントや自分のビジネスモデル、小説のアイデア、自分の頭の中に思い浮かんだキャラクターをイラストに起こすためのキャラクターの容姿や形の説明文などを自分でワードに入力してまとめたものを印刷したプリントなどをまとめたファイルです。

このファイルは将来の目標に関して、自分が考えていることや情報や資料をいくつかのファイルにまとめることができます。

これがあれば、将来の目標に関しての整理ができますし、確認もしやすいです。

 

ブログ改良、新ブログ作成について。

ブログ改良はそろそろやりたいと思っていたのですが、どうやれば良いのかわからず後回しにしてきました。

夏休みは良いタイミングなので、ブログの知識を仕入れて、改良していきたいと思います。

新ブログ作成についてですが、特化ブログを作るかもしれません。

ある特定のことに興味があるのと、自分の考えがあるので、それを新ブログで書きたいと思っています。

その新ブログについてはこのブログの次の記事で書きます。

ちなみにこのブログは雑記ブログです。

このブログも夏休みには出来れば、多くの頻度で更新をしていきたいと思います。

 

夏休みの計画はこんな感じです。

 

充実した夏休みにしたいと思っています。

 

Twitterhttps://mobile.twitter.com/muroukanta

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室生幹太の造語

こんにちは。こんばんわ。室生幹太です。

最近、気になっていることがあります。

それは造語です。

今回は造語について書きたいと思います。

 

 

造語とは?

造語(ぞうご、英: 動詞 coinage、名詞 coined word, neologism)は、新たに語(単語)を造ることや、既存の語を組み合わせて新たな意味の語を造ること、また、そうして造られた語である。新たに造られた語については、新語または新造語とも呼ばれる。

現代に伝わっている全ての語は、いずれかの時代に何らかの意図や必要性によって造語されたものである。従って、「その語が造語(されたもの)であるかどうか」という単純な分類は意味を成さない。しかし、その語がいつ、誰に、どうして作られたのか、といった情報は、その語が用いられる分野を歴史的に捉える上での大きな手がかりとなる。

造語が行われるのは、主に次のような場合である。

それまでに無かった新しいもの(発明品や製品、思想など)に命名する場合。「食育」、「協働」など。
それまでに無かった新しいものが出来たために「それまでにあったものに」区別の為に命名される造語を「レトロニム」という。携帯電話普及後の造語である「固定電話」など。
他言語の言葉やものを示そうとする際に、対応する適当な語が存在しない場合。「野球」など。
既存の言葉で表すと冗長となるものを短縮しようとする場合。「ネチケット(インターネット上のエチケット)」、「ブログ(ウェブ上のログ)」など。
文学や美術などの芸術作品において、作者がその意図を既存の言葉で表現できない場合。
既存の言葉を使用することによって生じる法的責任や道義的責任を回避・曖昧化しようとする場合。「アレル物質」(家電業界におけるアレルゲン(アレルギー物質)の言い換え。薬事法の適用回避)など。
既存の造語をもじってさらに新たな造語ができたケース。「アベノミクスに対する「ネコノミクス」など。

[wikipediaから引用]

 

新しく生まれた『語』ということですね。

 

有名な造語は夏目漱石の『肩凝り』です。夏目漱石は『肩凝り』以外にも数々の造語を生み出していますね。それらの造語は一般的に使われるようになりました。

造語は造語から既存の言葉になっていきます。

 

 

 

僕が造語のことが気になった理由

主な理由は三つあります。

 

一つ目は、言語化されていない物事が無限にあること。

たとえば、感情には、喜び、悲しみ、怒りなどがありますが、まだまだ一つの単語として言語化されていない感情はたくさんあります。

わかりやすい大きな感情は色々と言語化されていますが、まだまだ言語化されていない、大きな感情はあるのではないかと思います。

感情に限らず、全宇宙には言語化されていないことや、日本語ではカバーできていないニュアンスの外国語なんかも(逆も然り)無限にあると思いまし、実際にあります。

それを言語化できたら、いいなと思うのです。

 

二つ目は、本(主にライトノベルや漫画など)に出てくるオリジナル用語が好きだったこと。

作者の世界観から作りられたオリジナル用語。これがかっこいいなと思っていました。

ライトノベルや漫画などに出てくるオリジナル用語と造語は違うと思いますが、オリジナル用語が好きだったことは、造語が気になった一つのきっかけだと思います。

 

三つ目は、自分で造語が作りたいと思ったから。

僕の場合、小説に出てくるオリジナル用語を作りたいと思っていましたが、造語も作りたくなりました。

 

 

僕が作った造語

自分で造語を作ってみました。

 

1.『インタイアーユニバースリゼーション

意味は全宇宙がつながりを持って活動すること。

グローバリゼーションという言葉があるのですが、その意味は様々な物事(人、政治、経済、文化など)を地球規模でつながり、活動していくことです。

僕が作った『インタイアーユニバースリゼーション』は地球規模ではなく、全宇宙規模でつながり活動することです。

僕の妄想なのですが、人は他の国に簡単に移住できて、それどころか、他の星にも簡単に移住できるようになったり、全宇宙で流通ができて、世界旅行だけでなく、宇宙旅行もできるようになる。

全宇宙がつながりを持つのです。

遠い遠い未来には、もしかしたら、こうなる可能性もあるのかもしれません。

 

2.『インタイアーユニバースポイント

意味は全宇宙的な広い広い視野を持つこと。

グローバルな視点、という言葉があるのですが、これは国際的、世界的、地球的に広い視点を持つこと。

インタイアーユニバースポイント』は、そこから、さらに規模を大きくした、全宇宙的な視点を持つことです。

 

こんな感じで二つの造語を作ってみました。

この二つは宇宙に関しての造語になりました。

他にも『宇宙言語』や『全宇宙共通語』など、宇宙に関しての造語を思いついたのですが、既にありました。

ちなみに『宇宙言語』は、存在するかもしれない宇宙人(知的生命体)が使う言語です。

『全宇宙共通語』は全宇宙で共通の言語です。

『全宇宙共通語』が公用語以外の地域と公用語がそのまま『全宇宙共通語』となっている地域があります。これは世界共通語と同じですね。

もしかしたら、遠い遠い未来には『全宇宙共通語』が出来る可能性はあるのかもしれません。

そのときは『全宇宙共通語』は何語になるか、妄想すると、面白いですね。

世界共通語は英語なので『全宇宙共通語』は英語かもしれませんし、そうじゃないかもしれません。

 

 

まとめ

僕は小説家を目指しているので、小説に造語とかオリジナル用語を作って出してみたいですね。

造語やオリジナル用語は魅力的です。

造語やオリジナル用語を作るのは楽しいですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!