室生幹太(むろうかんた)のブログ

ネタ、日記、雑記、小説、イラスト、起業などのことを書いていくブログ

自分の人生に絶望的になる話

こんにちは。室生幹太です。

なんか時々、ある感覚に襲われることがあるんですよね。

それは、自分の人生に絶望しそうになる感覚です。

 

 

まず、僕は能力がありません。

でも、何だかんだ大丈夫じゃないのか?と心の中では思っているのです。

なので自分の人生に絶望することは普段はないのですが、時々、その感覚に襲われるようになります。

 

一生このまま適当に生きていくんだろうなとか、もう自分はダメだろうなと、思ってしまうのです。

特に寝る前にこの感覚に襲われることがあります。

 

なんというか、もう全てどうでもいいや状態と似ているかもしれません。

 

 

普段は能力がないのに根拠もなく、『何とかなる』と思っているのですけどね。。。

 

 

これから筋トレしたいんですよね。

 

筋トレして汗を流したい。

 

最近、僕はこんなことを思っています。

 

 

 

 

 

 

 

新ブログについて

こんにちは。前の記事で夏休みに新ブログを作りたいということを書きました。

今回の記事はその新ブログについて詳しく書きたいと思います。

 

新ブログの主なテーマ

新ブログは特化ブログにしたいと思っています。

利用するブログはこの雑記ブログと同じはてなブログです。

テーマは主にメンズファッション、美容、筋トレについて書こうと思っています。

 

新ブログを作ろうと思った理由

それは自分の容姿や内面にコンプレックスを持っているからです。

コンプレックスがあるからこそ、その事について色々なことを考えてきました。

僕は新ブログにその自分の考えやメンズファッション、美容、筋トレについて書いていきたいと思っているのです。

最初はこのブログに書こうと思っていたのですが、テーマが絞られているなかで書きたいことがたくさんあるので、新しいブログで特化ブログを作成しようと思いました。

夏休み中に新ブログが出来るかもしれないので、よろしくお願いします。

 

 

 

Twitterhttps://mobile.twitter.com/muroukanta

 

 

 

夏休みの計画

こんにちは。室生幹太です。

何だかやる気が出ず、ここ1ヶ月ほどブログの更新が滞っていました。

スマホやパソコンばかり弄って、気が向いたときにレポートをこなしたり、読書をしたり、というダラダラした生活が続いていました。

今は自分の決めた期間内にレポートを終わらせることが主な目標(早くレポートを片付けたいこと)になっているので、頑張れば結果的には自分の決めた期間内にレポートを終わらせることが出来るかもしれません。

とにかく早く、自分の決めた期間内にレポートを終わらせたいです。

そして、自分の将来の目標に近づくためにも生活を切り替えないといけません。

そこで、僕は夏休みの計画を立てました。

 

夏休みの計画

夏休みの計画とは言っても、通信制高校の夏休みには特別感はなく、僕の場合、一年中、夏休みのような感じなのですけどね。(笑)

それでも、形としては、『夏休み』ということになりますし、まとまっている期間なので、やる気が出ます。

とはいっても、僕は過去に夏休みの計画を立てても結局できなかったりすることが多かったですね。(笑)

しかし、ここから、気を引き締めて、自分の将来の目標に近づくためにも、この夏休みを利用して、さらには夏休みの生活のような生活がその後も続けることが出来るような継続力を身に付け、自分の将来の目標に近づくための一歩を踏み出したいと思っています。

 

夏休みにやりたいこと

夏休みまでには何とかレポートを終わらせて、夏休みには自分の将来の目標に近づくための具体的な学習、練習をしていきたいと思っています。主にやることは、下記の四つになります。

・読書

・イラストの練習

・起業、小説、イラストに関しての特製ファイル作成

・ブログ改良、新ブログ作成

 

読書に関しては今年の年間読書冊数の目標が150冊なので、どんどん読んでいきたいと思っています。

ちなみに現時点で読んだ冊数は3冊くらいです。中々思うように進んでいません。

 

イラストの練習に関してですが、やっぱりイラストが上手くなるには、すごく時間がかかります。早いうちにコツコツと練習していかないと、後々になって大変だと思いますし、僕は絵の才能がないので、根気の良い努力が必要になってくるので、出来るだけ早くから練習し初めたいと思っていました。夏休みはイラストの練習を始めるには、とても良いタイミングだと思っています。

実は以前にイラストの練習を意気込んでしてみたことがあるのですが、どうすれば良いのかわからないし、まったく絵が上手くないので、すぐに投げ出してしまいました。

夏休みは、そうならないようにしたいと思います。

 

起業、小説、イラストに関しての特製ファイル作成についてですが、これは前々から作りたいと思っていました。

特製ファイルとは、起業、小説、イラストに関する資料や情報、自分の気になったこと、好きなことなどを印刷したプリントや自分のビジネスモデル、小説のアイデア、自分の頭の中に思い浮かんだキャラクターをイラストに起こすためのキャラクターの容姿や形の説明文などを自分でワードに入力してまとめたものを印刷したプリントなどをまとめたファイルです。

このファイルは将来の目標に関して、自分が考えていることや情報や資料をいくつかのファイルにまとめることができます。

これがあれば、将来の目標に関しての整理ができますし、確認もしやすいです。

 

ブログ改良、新ブログ作成について。

ブログ改良はそろそろやりたいと思っていたのですが、どうやれば良いのかわからず後回しにしてきました。

夏休みは良いタイミングなので、ブログの知識を仕入れて、改良していきたいと思います。

新ブログ作成についてですが、特化ブログを作るかもしれません。

ある特定のことに興味があるのと、自分の考えがあるので、それを新ブログで書きたいと思っています。

その新ブログについてはこのブログの次の記事で書きます。

ちなみにこのブログは雑記ブログです。

このブログも夏休みには出来れば、多くの頻度で更新をしていきたいと思います。

 

夏休みの計画はこんな感じです。

 

充実した夏休みにしたいと思っています。

 

Twitterhttps://mobile.twitter.com/muroukanta

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室生幹太の造語

こんにちは。こんばんわ。室生幹太です。

最近、気になっていることがあります。

それは造語です。

今回は造語について書きたいと思います。

 

 

造語とは?

造語(ぞうご、英: 動詞 coinage、名詞 coined word, neologism)は、新たに語(単語)を造ることや、既存の語を組み合わせて新たな意味の語を造ること、また、そうして造られた語である。新たに造られた語については、新語または新造語とも呼ばれる。

現代に伝わっている全ての語は、いずれかの時代に何らかの意図や必要性によって造語されたものである。従って、「その語が造語(されたもの)であるかどうか」という単純な分類は意味を成さない。しかし、その語がいつ、誰に、どうして作られたのか、といった情報は、その語が用いられる分野を歴史的に捉える上での大きな手がかりとなる。

造語が行われるのは、主に次のような場合である。

それまでに無かった新しいもの(発明品や製品、思想など)に命名する場合。「食育」、「協働」など。
それまでに無かった新しいものが出来たために「それまでにあったものに」区別の為に命名される造語を「レトロニム」という。携帯電話普及後の造語である「固定電話」など。
他言語の言葉やものを示そうとする際に、対応する適当な語が存在しない場合。「野球」など。
既存の言葉で表すと冗長となるものを短縮しようとする場合。「ネチケット(インターネット上のエチケット)」、「ブログ(ウェブ上のログ)」など。
文学や美術などの芸術作品において、作者がその意図を既存の言葉で表現できない場合。
既存の言葉を使用することによって生じる法的責任や道義的責任を回避・曖昧化しようとする場合。「アレル物質」(家電業界におけるアレルゲン(アレルギー物質)の言い換え。薬事法の適用回避)など。
既存の造語をもじってさらに新たな造語ができたケース。「アベノミクスに対する「ネコノミクス」など。

[wikipediaから引用]

 

新しく生まれた『語』ということですね。

 

有名な造語は夏目漱石の『肩凝り』です。夏目漱石は『肩凝り』以外にも数々の造語を生み出していますね。それらの造語は一般的に使われるようになりました。

造語は造語から既存の言葉になっていきます。

 

 

 

僕が造語のことが気になった理由

主な理由は三つあります。

 

一つ目は、言語化されていない物事が無限にあること。

たとえば、感情には、喜び、悲しみ、怒りなどがありますが、まだまだ一つの単語として言語化されていない感情はたくさんあります。

わかりやすい大きな感情は色々と言語化されていますが、まだまだ言語化されていない、大きな感情はあるのではないかと思います。

感情に限らず、全宇宙には言語化されていないことや、日本語ではカバーできていないニュアンスの外国語なんかも(逆も然り)無限にあると思いまし、実際にあります。

それを言語化できたら、いいなと思うのです。

 

二つ目は、本(主にライトノベルや漫画など)に出てくるオリジナル用語が好きだったこと。

作者の世界観から作りられたオリジナル用語。これがかっこいいなと思っていました。

ライトノベルや漫画などに出てくるオリジナル用語と造語は違うと思いますが、オリジナル用語が好きだったことは、造語が気になった一つのきっかけだと思います。

 

三つ目は、自分で造語が作りたいと思ったから。

僕の場合、小説に出てくるオリジナル用語を作りたいと思っていましたが、造語も作りたくなりました。

 

 

僕が作った造語

自分で造語を作ってみました。

 

1.『インタイアーユニバースリゼーション

意味は全宇宙がつながりを持って活動すること。

グローバリゼーションという言葉があるのですが、その意味は様々な物事(人、政治、経済、文化など)を地球規模でつながり、活動していくことです。

僕が作った『インタイアーユニバースリゼーション』は地球規模ではなく、全宇宙規模でつながり活動することです。

僕の妄想なのですが、人は他の国に簡単に移住できて、それどころか、他の星にも簡単に移住できるようになったり、全宇宙で流通ができて、世界旅行だけでなく、宇宙旅行もできるようになる。

全宇宙がつながりを持つのです。

遠い遠い未来には、もしかしたら、こうなる可能性もあるのかもしれません。

 

2.『インタイアーユニバースポイント

意味は全宇宙的な広い広い視野を持つこと。

グローバルな視点、という言葉があるのですが、これは国際的、世界的、地球的に広い視点を持つこと。

インタイアーユニバースポイント』は、そこから、さらに規模を大きくした、全宇宙的な視点を持つことです。

 

こんな感じで二つの造語を作ってみました。

この二つは宇宙に関しての造語になりました。

他にも『宇宙言語』や『全宇宙共通語』など、宇宙に関しての造語を思いついたのですが、既にありました。

ちなみに『宇宙言語』は、存在するかもしれない宇宙人(知的生命体)が使う言語です。

『全宇宙共通語』は全宇宙で共通の言語です。

『全宇宙共通語』が公用語以外の地域と公用語がそのまま『全宇宙共通語』となっている地域があります。これは世界共通語と同じですね。

もしかしたら、遠い遠い未来には『全宇宙共通語』が出来る可能性はあるのかもしれません。

そのときは『全宇宙共通語』は何語になるか、妄想すると、面白いですね。

世界共通語は英語なので『全宇宙共通語』は英語かもしれませんし、そうじゃないかもしれません。

 

 

まとめ

僕は小説家を目指しているので、小説に造語とかオリジナル用語を作って出してみたいですね。

造語やオリジナル用語は魅力的です。

造語やオリジナル用語を作るのは楽しいですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便秘について

こんにちは。こんばんわ。室生幹太です。

僕は昔、よく便秘をしていたのですが、そういえば、ここ一年半はお腹の調子がいいなと思っています。

今回は昔、よく便秘をしていた頃の話をしたいと思います。

 

 

小学校時代の便秘

僕はけっこう小さい頃から便秘でした。

多分ですが、小学3年生、4年生の頃から便秘を繰り返していたと思います。

1日~2日くらい、便が出ないことがよくありました。

便がしっかりと出るときでも、朝に出ることは中々ありませんでした。そういうときは学校から帰ってからの方が多かったです。

僕は回りの子達はみんな朝にトイレを済ませてしまうと思っていて、朝に便が、出ないのは僕だけだと思っていました。

また、小学生で便秘の子供なんて僕以外にあまりいないかなと思っていて、そこは辛かったですね。

 

小学5、6年のことで、よく覚えていることがあるのですが、学校からの帰り道で、トイレに行きたくなることがよくありました。特に金曜日によくありました。

やっぱり下校するときは学校が終わったことにホッとするんですよね。特に金曜日は明日が休日なので、さらにホッとします。

だからか、トイレに行きたくなることがよくありました。

学校から家までは30分かかるので、帰りにトイレに行きたくなったときは、けっこう焦って、小走りで帰りました。

 

ここまでは、まだ大丈夫だったんですが、けっこう辛かったのが修学旅行のときですね。

正直、クラスメイトたちと2日、3日も一緒にいるのは、落ち着きませんでした。

便秘にかんしては案の定、修学旅行の間は一度も出ませんでした。辛かったですが、ある意味、想定内だったので、思っていたほど辛くはありませんでした。

楽しかったですが、辛かったところも(便秘以外でも)ありましたね。

 

 

 

中学生時代の便秘

中学時代も、やはり便秘でした。

環境がガラりと変化したせいもあるのか、便秘は小学生の頃よりもひどくなったような気がしたと思いました。

特に中学1年生の後半~中学2年生の頃はお腹の調子が本当に悪かったですね。

まず、ストレスからかお腹にガスが溜まります。それが非常に辛いのです。大体、お腹ははっているし、給食を食べたあとにお腹が痛くなったことが何回かありました。

本当に辛いときもあり、お腹のガスが気になったり、お腹のガスに耐えていたりして、授業がまともに受けられないこともありました。

また、僕は朝にトイレをすることにこだわっていて、朝に出ないと、すっきりしないまま学校に行っていました。(朝には出ないことがほとんどですが)

色々あったけど、自分が便秘だからか、小学生時代から便秘の情報に関しては敏感で、便秘に、関しての知識が増えていましたし、長年の便秘に悩んでいたので、便秘の経験は長いですし、便秘について考える機会も多かったです。

だからか、中学三年生くらいからは排便をある程度コントロールできるようになっていて、毎朝、トイレに行って便を出せることが多くなりました。

だけど冬になったら、また便秘になってしまいました。

中々、難しいなと思いましたね。

 

 

高校生{高校一年生、高校二年生~現在(高校三年生)}の便秘

高校生時代は、そこまで便秘にはなりませんでした。

全日制高校に通ってたときは、便秘が多かったのは最初の2ヶ月くらいで、そこからはある程度コントロールできていたので、お腹の調子は良かった方だと思いますが、冬になったら、また便秘になってしまいました。だけど、中学三年生の冬になった便秘に比べれば良かった方だと思います。

全日制高校に通っていた高校一年生のときは平均的にお腹の調子は良かったと思います。

高校二年生のときからは通信制高校に転入して、通信制高校に通い始めました。お腹の調子はけっこう良かったです。冬もお腹の調子は良かったです。

そして、現在(通信制高校に通う高校三年生)は、かなりお腹の調子は良いと思います。

 

 

僕が便秘になった理由

一番、大きな理由はストレスが溜まりやすいことだと思います。

僕は学校に行くと気をはってしまうことが多いのです。

 

 

僕の便秘がある程度、改善した理由

主に二つの理由があると思います。

一つ目は、色々なこと経験をしたり、色々なことを覚えたから、ストレス耐性が強くなった。

やっぱり、経験が少ない、知っていることが少ないと、不安なことが多くなります。

経験があること、知っていることが多いと不安も少なくなって、ストレス耐性ができたと思います。

 

二つ目は通信制高校に転入したこと。

僕の通う通信制高校は登校日が週に1日なので、学校に行く日数が少ないので、ストレスが溜まりにくいこと。

通信制高校に通ってからは、通う前より不規則な生活を送っているのですが、お腹の調子はかなり良いです。やっぱり、便秘の一番の原因はストレスだと思いました。

また、便秘になっても学校に行く日が少ないので、あまり気になりませんね。

 

 

まとめ

多分、社会人になったら、また便秘に悩まされると思いますが、頑張っていこうと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は年間読書冊数150冊が目標です。


f:id:kantay:20170517101007j:image

こんにちは。こんばんわ。

室生幹太です。

僕は今年はたくさんの本を読みたいと思っています。

昨年に読んだ冊数は、30冊くらいだったと思います。

今年は昨年に読んだ冊数を大幅にアップして150冊ほど読もうと思っています。

 

今年で150冊の本を読むこと

今年は何冊くらい本を読もうかと考えていて、最初は50冊くらいにしようと思っていました。

でも、僕は通信制高校に通っているし、バイトをしているわけでもないので、とても時間に融通が効きます。

僕は通信制高校に週に1日、登校して、登校日以外は基本的にずっと家にいるので、自由な時間がたくさんあります。

なので150冊にしようと思いました。

それでも、今年で150冊は僕には無理かな、と思うことがあったのですが、社会人になったら、ここまでたくさんの自由な時間はないですし、何よりも自分の目標のためにも、将来のためにも、150冊の本を読んだ方が良いと思いました。

 

読む本のジャンル

150冊の内、80冊ほどは、新書や教養文庫を読みます。

知識を身に付けたいからです。

その内、 20冊ほどは主に理系ネタを扱う『ブルーバックス』の新書を、30冊ほどは岩波新書や岩波ジュニア新書を、後の30冊は、他の新書レーベルの新書や教養文庫などを読みたいと思っています。

 

次の150冊の内の20冊は自己啓発本やビジネス書などを読みたいです。

起業に関しての本やビジネスの基本などが書かれている本、自分に合った自己啓発本などをじっくり選らんで、読みたいと思います。

 

次の150冊の内の20冊は専門書や起業するためのビジネスモデルに関しての本(たとえば、ITで起業したいならITに関しての本)を読みたいです。

 

次の150冊の内の30冊は小説、好きな有名人や作家が書いた本などを読みたいです。

 

まとめると、

新書、教養文庫:80冊

自己啓発本、ビジネス書:20冊

専門書、起業するためのビジネスモデルに関しての本:20冊

小説、好きな有名人や作家が書いた本:30冊

これで計150冊になります。

 

まとめ

一年間で150冊も本を読んだ経験がありませんが(今までの最高は一年間で90冊くらいです。ジャンルは小説などを中心に読んでいました。)

どんどん本を読んで目標冊数に達したいと思っています。

期間は5月~12月までにします。

1月~4月までに読んだ本の冊数はカウントしません。

これから頑張りたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました! 

 

 

 

 

 

 

 教科書、学術書、雑学書

大勢の人の前で何かを話すときの緊張について

こんにちは。こんばんわ。

室生幹太です。

僕は昔から悩んでいることがあります。

それは大勢の前で話すときに緊張してしまうことです。

今回はそのことについて書いていきたいと思います。

 

作文発表のときの緊張

僕が小学生の頃、一年に一回ほど作文発表があったと思います。(他の小学校でもあると思いますが)

僕は作文が苦手で中々、書けません。

いつも書くのに苦労していました。

そして苦労して完成させても、作文が下手でした。

なので作文発表をすることが恥ずかしかったことをよく覚えています。

さらに元々緊張しやすい性格が追い討ちをかけました。

作文発表が僕の番に近づくにつれて、鼓動が早くなり、その緊張を必死に抑えていました。

しかし、意識して抑えられることは出来ず発表のときが来てしまうのです。

そして実際に作文を読み始めると、足が震えて、声も震えてきます。

何度も声が途中で止まりました。

それでも、何とか読み通していました。

正直、泣かなくて良かったと、作文発表が、終わると、いつも思います。

幸いにも小学校6年間、大きな作文発表では泣かずに済みましたが、小さな作文発表では一度だけ泣いてしまったことがあります。

それは作文を読んでいる途中から泣いてしまったのではなく、作文が終わってから、担任の先生に作文のダメな所を指摘されたことで泣いてしまいました。

非常に情けないと思っていますが、いい経験になったとも思っています。

それに担任の先生は好きでした。

 

 

中学生になると、もっと緊張が激しくなっていったと思います。(中学も一年に一回ほど作文発表があります。)

声が低くなって、大きい声を出すことが出来ず、辛い気持ちでいっぱいでした。

ただ、幸いにも泣くことがなくて良かったと思っています。

 

高校生(前に通ってた全日制高校)のときは(現在も、まだ高校生ですが、今は通信制高校に通っているからか、作文発表の機会がありません。)、国語の教科書を読むときでさえ、緊張して、声が震えたりして、非常に辛かったです。

 

僕が作文発表で緊張してしまう理由

僕が考えたのは、以下の四点の理由です。

1.元々の性格で緊張しやすいこと。

2.自意識過剰な性格なこと。

3.自分の書いた作文をみんなに発表するのが恥ずかしいこと。

4.自分の緊張を必死に隠そうとすること。

 

一点目は、作文発表のときに緊張する根本的な理由だと思います。

元々の性格で緊張しない人はしないし、緊張する人はする、そう思います。

二点目は見てくれを気にして、作文だけに集中できないこと。

作文発表だけに集中すれば、あまり緊張しないと思います。

自分が自意識過剰なことは高校生1年生くらいでやっと気付きました。

三点目は自分の書いた不完全な文章をみんなの前で読むのが恥ずかしいこと。

自分の書いた文章を読むのが、とても恥ずかしかったです。

仮に、国語の教科書に載っている文章を、クラスメイトたちの前で読んでも、自分の書いた文章を読むときほど緊張しないと思います。

(それでも緊張はします)

完全な文章なんて、ないと思います。

ただ、自分の書いた下手な文を読むのが恥ずかしかったのです。

四点目は、自分が緊張していることを、クラスメイトのみんなに悟られたくなくて、必死に緊張していない風を装って、自分が緊張していることを隠そうとしていたことです。

僕は自分が緊張しているところを、クラスメイトのみんなに悟られたくなかったです。

当時は緊張しているところを見られるのは、かっこ悪いと思っていました。

しかし、隠そうとすればするほど、緊張してしまい、それも隠そうとすると、もっと緊張してしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

現在の自分の作文発表のときの緊張

現在は通信制高校に通っているからか作文発表をする機会が、あまり、ありません。

ただ、作文発表が苦手なことは変わりはなく、今やっても緊張すると思います。

だけど、前は作文発表は、いつも、やりたくないと思っていましたが、今は作文発表があったら、頑張ろう!って思えるようになったと思います。

僕はこれから緊張を克服していきたいと思っています。

一番は自然に克服できるのがいいなと思っています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!